このような理由で選ばれています
お客さまに対して、複数のプロが連携し、1回のご相談で全て対応可能 相談料は一切無料!安心して、ご相談いただけます 25年以上の実績と多種多様な問題解決の経験でお客さまを強力にバックアップ 年中無休、夜9時まで相談対応。忙しい方にも好評です 明瞭な料金としっかりとした納得のご説明でご安心頂けます JR八王子、京王八王子駅から徒歩5分の好立地 八王子・多摩地区を中心に東京・関東地域のお客さまに幅広く対応 八王子・多摩地区を中心に東京・関東地域のお客さまに幅広く対応

寄与分がある場合の遺産分割は?

寄与分とは被相続人の事業を共に行い、資産の形成に貢献した相続人や被相続人の老後の介護等をして面倒をみた相続人は、当然他の相続人より遺産を多く受け取れることができるということです。

ここでよくある事例で、相続人の妻が被相続人である義父・義母の看護してきた場合です。寄与分は相続人に認められるものなので、妻が寄与者となることはできません。

しかし、この場合は妻は、相続人である夫の補助者または代行者としての寄与があったものと認められ、その寄与分は夫に認められます。


・相続人が長男、二男および三男の場合

・遺産総額が6,000万

・三男の寄与分が1,500万認められた場合


  長男の相続分 (6,000万 - 1,500万)× 1/3

         =1,500万

                                    二男の相続分 (6,000万 - 1,500万)× 1/3

                                       =1,500万

                                三男の相続分 (6,000万 - 1,500万)× 1/3

                                       =1,500万 + 1,500万 = 3,000万