このような理由で選ばれています
お客さまに対して、複数のプロが連携し、1回のご相談で全て対応可能 相談料は一切無料!安心して、ご相談いただけます 25年以上の実績と多種多様な問題解決の経験でお客さまを強力にバックアップ 年中無休、夜9時まで相談対応。忙しい方にも好評です 明瞭な料金としっかりとした納得のご説明でご安心頂けます JR八王子、京王八王子駅から徒歩5分の好立地 八王子・多摩地区を中心に東京・関東地域のお客さまに幅広く対応 八王子・多摩地区を中心に東京・関東地域のお客さまに幅広く対応

遺言書の種類 -自筆証書・公正証書・秘密証書 遺言

遺言書には主に3つの方式があります。
それぞれにメリット・デメリットや遺言内容に適した方式がございます。
「あれっ? そんなことも考えなければいけないんだ!」なんてこともしばしば。
自分ひとりで考えるより、経験豊富な専門家に相談してみましょう。

種類 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
作成場所  どこでもよい  公証役場  公証役場
証人  不要  2名以上

・公証人1名

・他に証人2名以上

署名押印  遺言者本人

・遺言者本人

・証人

・公証人

・遺言者本人

・封印後に

 公証人1名

・証人

検認の必要性
費用
紛失の可能性
偽造・変造の危険性
秘密の保持 可能
可能
メリット・デメリット ・一人で簡単にできる
・費用が掛からない
・遺言の存在及び
 その内容を秘密に
 できる。
・相続人等によ
 る偽造・変造・隠匿
 の危険性がある。
・方式の不備、内容不
 備で無効となる可能性
 がある
・紛失の可能性がある
・発見されない可能性
 がある
・検認手続きが必要
・公証人が関与するので方
 式不備にならない
・原本が公証人役場
 で保存されるので、
紛失の場合も安心
・検認手続きが不要
・作成に手間と費用
 を要する。
・証人から秘密が漏
 れる危険性がある。
・遺言の内容を秘密にで
き、偽造・変造などが防
げる。
・方式不備、内容不備の
 可能性がある
・作成に手間と費用を要
 する。
・原本が公証役場に保管
 されることはないので
 紛失の危険性がある。
・検認手続きが必要

 

悩む前に相談を。相談無料。お問い合わせはこちら